免許書だけでOK!最短60分でお金を借りる

お金を借りるには、何が必要なの?
はじめてお金を借りる際は、保証人が必要?契約書類ってたくさんあるの?など
ハードルが高いイメージがあるカードローンですが、実は免許証だけで借りられる場合もあります。

お金を借りる際に必要なもの

 

・消費者金融の場合、50万円以下であれば多くの金融機関で免許書のみで借りられる!

・銀行であれば、100万円〜200万円程度まで免許書のみで借りられる!

 

本人確認書類

・免許書
・保険証
・パスポート

 

のいずれかを一つ。

 

※本人確認書類の住所が申し込み住所と異なる場合は下記が必要になります。
・公共料金の「領収書」
※携帯電話の領収書は不可
・社会保険料の「領収書」
・国税、地方税の「領収書」
・「納税証明書」

 

収入証明書

・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税・県民税額決定通知書
・所得証明書

 

のいずれかを一つ。

 

上記の通り、免許書のみでもお金を借りることは可能です。また、貸し出しには一定の審査があるので免許書や収入証明書を提出しても、他社での利用状況などで審査が通らない場合もあるので気をつけてください。

 

今すぐお金を借りるならオススメな3社

アイフル

最短1時間のスピード融資!
・50万円以下なら原則で収入証明書不要
・無人契約機なら朝8時〜利用できるから朝早くでもOK!

融資スピード 実質年率 収入証明書
最短1時間 4.5%〜18.0% 50万円まで不要

                             即日融資

 

アコム

・来店不要!最短1時間融資可!

・はじめてなら、最大30日間金利ゼロ円

・楽天銀行口座をお持ちなら24時間融資可能!

融資スピード 実質年率

 

収入証明書

最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

                             即日融資

 

レイク

 

・5万円まで180日間無利息

100万円以内なら収入証明書不要

・提携ATM手数料無料!

融資スピード 実質年率 収入証明書
最短即日 4.5%?18.0% 100万円まで不要

                             即日融資

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ
アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る
レイク※即日融資は平日14時までに手続きが完了した場合のみ
レイク※契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます
レイク※主婦・パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

 

お金を借りる前に知っておきたいこと

カードローンの金利を知る

カードローンで、お金を借りた際はほとんどの場合は金利が発生します。その利率はカードローンを取り扱う会社、またはカードローンの種類によって異なります

 

お金を借りるのに便利なカードローンですが、カードローンを利用する際には十分に注意しましょう。 ほとんどのカード発行企業では18%程度のカードローン金利を基準とする利息制限法の上限にしている企業が多く見られます。カードローンの利息は、当たり前のことですが借入額が少ない時は高く、借入期間が少ない時は高くなるものです。ただし、カードローンで多くの金額を借りたり、返済期間が長期になったりすると、総額の利息額はやはり期間は延びれば延びるほど総額の返済額は上がるので、計画的な返済プランを立てることが良いと思われます。

 

カードローンで借りたお金を、早い時期に効率よく返済するために重要な事はできる限り月々の支払額を多く支払うことです。そんなのは当たり前のことと、多くの人は思うかもしれませんが、ここで改めて述べるそれだけ重要なことだからです。

 

カードローンの限度額を知る


カードローンの増枠も受け持っており、限度額も広がりを見せ始めています。カードローンのうち、消費者金融のカードローンですと200万円から300万円と限度額がかなり高いのが特徴的だと思われます。

 

カードローンに関して、他の金融機関のサービスと比較するとカードローンは手続き時間が短くて済むのですが、目的に合わせたローンのほうが、借入額が大きくなる場合に、金利額が低い場合も考えられます。大きな金額を借り入れする際は他のサービスをしっかり比較し考えた方が良いと思います。

 

カードローンや他の金融機関を利用する時は返済の利便性に注目してみると良いかもしれません。借り入れの際の利便性には注目してしまいがちですが、返済は軽く見てしまいがちです。銀行や消費者金融、クレジットカードのカードローンに関しては原則として指定口座からの自動引き落としがメインに行われています。これなら銀行にお金を入れていれば返済が止まる心配もなく、返済の遅延を避けることも可能になります。

 

カードローンの審査を知る


カードローンを利用するには当然ながら事前に申し込みが必要になってきます。その時に簡単な審査を行います。 本人確認等に関する運転免許証や保険証など身分を証明するものが当然ながら必要です。

 

銀行系カードローンは信販系や消費者金融系と比較すると審査が厳しくなります。カードローンのサービス開始までの流れを簡単に見てみたいと思います。カードローンまでの流れはサービスによって異なりますが、一般的には以下のようにとなっています。

 

カードローンの申し込み 、カードローン審査 、カードローンの融資 、カードローンの申し込み審査は運転免許証や保険証等などの身分証明書から本人確認、勤務先や現住所、連絡先、信用情報機関から個人のローン情報を入手します。他社からの借入状況や履歴、消費者それぞれの状況に応じて融資を行うか決めます。この審査によって、貸付が可能かどうか、その人の限度額を決定します。

 

カードローンの審査・通過の時間に関しては、各金融会社により異なっており、最も短い審査時間のところで30分ぐらい、長くても数日といったところですが、現在において数時間で審査完了できる金融機関が多いです。審査に関しては定職についており、過去に未返済などをしていなければ大丈夫だと思います。カードローンは、カードを使用してATMやキャッシュディスペンサーからお金を借り、ほとんどの場合はそれを分割払いで返済していくのがローンの基本です。

 

カードローンで借りたお金の使用方法は自由で、カード発行時に審査の際に決められた貸付限度内で借入れすることが可能になるのです。カードローンは資金の使い方を問われないため、気軽に利用しやすく、他の目的別のローンと比較してみると、審査基準も緩やかですし、カードの発行スピードが早いという特徴があります。

 

カードローンの疑問点を知る


お金を借りる際に、よくある疑問点をみてみましょう。

 

カードローンの安心できるサービスの基準はいったい何でしょうか。

カードローンは法律により、消費者金融における財務局などや知事へ申請を行い、登録番号をもらうことが決められています。つまり、登録業者であることが第一の条件になるのではないかと思います。具体的には言いますとJCFA会員店というものが存在します。店頭やインターネットの案内においてしっかりとJCFA会員であるかどうかを確認することが重要になってくると思います。

 

カードローンはいくらまで借りられるのでしょうか。

カードローンともに、各金融機関において融資限度額を設定しているのです。ところが、借りる方全員がこの限度額まで借り入れできるわけではないのです。お客様ごとに金融機関の融資枠が変わってくるのです。ほとんどの金融機関は担保なし・保証人なし・審査ありを条件として貸し出しますが、借りる方の年齢・ご職業・年収などを審査した結果に応じて金融機関の融資枠が決定されるのです。

 

 

カードローンにおいて、カードを紛失した場合、どうすればいいのでしょうか。

まずはカードローンの契約先の最寄りの支店、もしくはお客さま相談室などに電話をしましょう。紛失した理由を伝えれば、カードを停止してくれます。

 

 

自分で、個人信用情報の確認は可能なのでしょうか。

個人信用情報とは消費者ローンやクレジットに関した個人の契約内容や返済状況等に関する情報のことを言います。本人だと確認が取れれば、お近くの個人信用情報センターで確認が可能です。

 

カードローンの選び方を知る

カードローンの選び方について考えてみましょう。カードローンは、カードを使ってATMやCDからお金を借り、ほとんどの場合はそれを分割払いで返済していく形を取ります。お金の使い道は自由で審査で定められた貸付限度内で、自由に借入れすることが可能になります。

 

カードローンは主に銀行や信販会社、消費者金融で行われている業務です。特徴としては、資金の使い道が自由なため、気軽に利用しやすい点が挙げられ、他の目的別ローンと比較してみると審査基準も厳しくなくカードの発行スピードが早いということでしょうか。ただし、カードローンはその分金利が少し高めであるということを、忘れてはいけません。カードローン以外に他に利用できるローンはないのか、返済は無理なくしっかり返済できるのか、よく検討した上で利用するようにしましょう。

 

消費者金融のカードローンは限度額が200万円から300万円と大きくなっています。銀行は400万円から700万円程度となっています。クレジットカードもカードの利用限度額に準じていることが多くなっています。借入額が大きくなる場合が考えられる時は、目的別ローンで対応できないかをまず検討する必要性があるのではないかと思います。

 

カードローンの返済の利便性に関してはどうでしょうか。カードローンは借入の際の利便性だけに注目するのではなく、返済の利便性においてもチェックする必要性があると思います。銀行、銀行系消費者金融、クレジットカードのカードローンは原則として、指定口座からの自動引き落としとなっています。給料が振り込まれる口座から引き落とせるようなローンを組んでおけば、返済がよりスムーズに行われるのではないかと思います。一方、消費者金融のカードローンに関しては、ATMでの入金が必要になってきます。つまり毎月返済の入金をATMで行わなければならないので、近くに利用できるATMがあるかどうか、なども確認しておく必要があるのではないかと思います。

お金を借りた後に気をつけたいこと

返済について知る

お金を借りた後に必要になるのが返済です。カードローンで借りたお金の返済日は当然ながらローン契約時に決められます。決められたカードローン返済日の前に返済することも可能です。金利の計算について日割り計算で行われた場合、早く返済すればその分支払う金利は少なく済むので良いと思います。

 

カードローンで銀行に関して多くの場合は、返済の仕方はリボルビング払いを採用しています。この支払い方法は一括払いや臨時返済も可能なのです。リボルビング払いとは、リボ払いとも呼ばれており、利用金額・件数に関係せず、毎月の支払い額がほぼ一定金額になる返済方法です。リボ払いは主に3通りに分かれます。

 

カードローンのリボ払いの種類の1つ目は残高スライドリボルビング方式という方法です。返済方法では最も多い方法なのではないかと思います。カードローンのリボ払いの種類の2つ目は元利定額リボルビング方式というもの方法で、支払利息額を含んだ金額を支払う方式を採用しており、原則として、新規借入時に金額が決定されます。カードローンのリボ払いの種類の3つ目は元金定率リボルビング方式というもので、借入金額に対して定率の金額にプラスして支払利息部分の合計したものを返済していく方法です。

 

カードローンをATMで返済する場合には24時間利用できるところも多く、駅前やコンビニなどによく設置してあります。カードローンは金融会社における営業店へ出向けば返済できます。 カードローンの振込みによる返済は、振込手数料は自分が負担することになりますが、金融会社指定をして銀行口座への振込みを行うことが可能なのです。カードローンは銀行口座などの自動引き落としによる返済も可能なのです。カードローンの返済はコンビニでも入金が可能なのです。コンビニでも公共料金のように入金可能な金融会社が増え始めています。

 

返せる範囲を知る

お金を借りる際に、何よりも大事なことは、カードローンでお金を借りられるかどうかより、お金を返せるかどうかということです。借入金額とカードローンの種類を決定したら、次は、カードローンシミュレーションを使って年間返済額を計算することが重要です。具体的な返済額が決定したら、自分の家計と相談しながら無理なく返していけるかどうかをしっかり確認してからお金を借りましょう。

 

カードローンをこれから借りる人で、別のカードローンをすでに抱えている時は、返済能力に関して問題視されるかもしれませんので、今お金を借りているカードローンの返済をしっかり終えてから新たに借りることをお勧めします。カードローンやクレジットで自分自身の信用情報を再確認してみたい人は、個人信用情報機関へ行ってみるのも一つの手になります。